酵素ドリンク 副作用

酵素ドリンクの副作用って何?飲む前の注意事項!

酵素ドリンク,副作用

↑ベルタ酵素ダイエットの成功秘話や、お得な購入方法までコチラでこっそり語ります↑

酵素ドリンク,副作用

 

 

「酵素ドリンクに興味があるんだけど、身体に入れるものだしちょっと心配。副作用とかないですか?」



 

はい、ご安心ください。
酵素ドリンクは医薬品のように副作用を心配する必要はありません。
ただし、すぐに結果を出そうとしても難しいと思ってください。
今では多くの人が飲んでいる酵素ドリンクですが、まだまだ誤解されている部分も多いようです。
そこで、酵素ドリンクの特徴や正しい飲み方、副作用についての誤解などを、改めて確認してみましょう!

酵素ドリンクは温めてもよい?

 

酵素は熱に弱いものです。そのため、酵素ドリンクを温めて飲むのはNG。
せっかくの酵素の効果が十分に得られなくなってしまいます。コーヒーや紅茶など温かい飲み物に混ぜる方法も同じことが言えます。
「ドリンクとして飲むだけだから、酵素の効き目はなくてもいいの!」という人も、温めた後はすぐに飲み切るようにしてください。
保存料や添加物は入っていない商品も多いため、品質が変わりやすく、カビも発生しやすくなります。
酵素の効果をきちんと引き出すためには、やはり冷蔵庫で冷やして飲んでもらうことが一番です。
あるいは、冷たい炭酸水で割ったり、アイスクリームに混ぜたり。いずれも「低温を保つ」ことが大切です。

早く効果を出したいからたくさん飲んでもよい? 

 

酵素ドリンクを始めた人の中には、早く結果を出そうとついつい飲みすぎている人も多いようです。
よく口コミなどで「お腹が緩くなった。下痢になった」という意見が上がっていますが、大半は決められた分量より飲みすぎていることが多いようです。
元々酵素には、食べ物の消化を促し、善玉菌を増やして腸内環境を整える、とい作用が備わっています。
そのため、飲みすぎることで効果が強く出すぎてしまい、お腹がゆるくなってしまったと考えられます。
酵素ドリンクは、あくまで健康食品。量を増やしたからといって、すぐに効果が出るものではありません。
決められた量を守って毎日飲み続けることで、無理なく体質の改善を目指していくことが大切です。

シチューやスープの中に混ぜちゃってもよい?

 

毎日ドリンクじゃ飽きるからと、料理に混ぜてしまうこともよくありません。
身体に害があるわけではありませんが、料理の熱によって酵素がうまく働かないことがあります。
酵素ドリンクは製造過程において、衛生上加熱処理することが義務づけられています。
「酵素が熱に弱いのなら、すでにもう死んでしまって効果がないのでは?」と不安になりそうですが、実はそうではなく、
あくまで活性を失った状態になっているに過ぎず、その栄養素は人間の身体の中に入ることによって体内酵素を作り、腸内環境を整えるサポートをしてくれるのです。
また酵素の種類によっても熱に弱いもの、強いものがありますので、すべての酵素が熱処理によって活動が弱まるというわけでもありませんのでご安心くださいね。
できるだけ本来の働きを保ったまま体内に取り入れる、という意味で酵素ドリンクをさらに加熱してしまうことは避けたほうよいでしょう。

肌荒れがひどくなったし、頭痛もするけど大丈夫?

酵素ドリンク,副作用

 

酵素ドリンクは医薬品ではなく健康食品ですので、一般的にいう副作用はありません。
ですが、中には吹き出物など肌のトラブルが出たり、頭痛、軽いめまいなど体調不良で不安を感じる人もいるようです。
酵素ドリンクを飲むと、その作用によって代謝が上がります。
そのため、身体に溜まっていた老廃物が排出する際に、人によってはニキビ、頭痛といった症状が表れてくる場合があるのです。
これを「好転反応」といい、体質改善されていく過程での一時的な症状ですので、自然に治まってくるのが一般的です。
ただし、症状が強く表れる場合や、まれに酵素ドリンクの成分そのものにアレルギー反応を起こして症状が出ている場合もあります。
症状が長引く場合や不安を感じたら、無理をせず一旦飲むのを中止し、お医者さんに経緯を相談するようにしてください。

 

どうですか?皆さん、酵素ドリンクについての疑問点、解決できましたでしょうか?
正しい容量と方法を守って、しっかりと成果を出していきましょうね!

 

 

当サイトでオススメのベルタ酵素とは?

酵素ドリンク,副作用

↑ベルタ酵素ダイエットの成功秘話や、お得な購入方法までコチラでこっそり語ります↑